IT業界から異業種へ転職。失敗する人と成功する人の違い


なぜ転職したいのか?曖昧はダメ

転職したいと思う時、多くの場合が現状に不満があることがほとんどです。
待遇、続く超過勤務、やりがいがないなど人それぞれですがなぜ転職したいのか転職することで何を変えたいのか、その優先順位は何なのか、自分の希望を明確にしなければなりません。

そもそも転職でそういった状況が打開できるのかという疑問もあります。

IT業界の多重下請構造に嫌気がさして単に異業種への転職を始めてもITゼネコンと建築業界の言葉が例えとして使われるように同じような社会構造が他の業界でもありうるからです。

また、求人する企業側からしても給料が少ないから嫌だ、残業が多いから嫌だと転職活動をする人材をほしいとは感じないでしょう。不満ばかりがあふれて転職活動をしている人には転職を成功させることはできません。

これは決して転職したいと思うことがいけないということではありません。
転職を成功させ長く務めることのできる会社に入社するためにも、転職における自己分析を行わなければ、自己PRができずに面接で受かりません。

たとえ、たまたま就職できたとしても、また不満が募って転職を繰り返すという負のスパイラルに取り込まれてしまいます。

転職活動前に自己分析

転職を成功するために必要不可欠なのが自己分析です。
では自己分析とはどのように行うのでしょうか。

まずは自分がこれまで行ってきた仕事をすべて書き出してみましょう。

転職活動をする際には必ず職務経歴書を作成しますが、その内容よりもさらに事細かに1つ1つの関わってきたプロジェクト、客先常駐を経験しているならば常駐先の企業規模業務内容、エンドユーザーまでの経路、常駐先で盗んだ技術、培ってきたスキルをすべて書きだします。

そして注意したいのが、成功したことだけでなく失敗やうまくいかなかった事もアウトプットするということです。

次に書き出した自身のキャリア・スキルを客観的に採用する企業側からの視点でみます。会社を経営していくうえで自分という人材を採用すると企業が得られるメリットを考えるのです。
そこが自分のアピールポイントとなります。

また、自分の失敗やその原因を明確にできる人は失敗を反省し、同じことを起こさないように試行錯誤ができる人です。

企業はスキルやキャリアのある人材はもちろんほしいのですが、そのように自分を客観的に認識する能力に長け、臨機応変に対処できる人材を望んでいます。

異業種への転職を希望するとなればIT業界出身の自分よりもその道の経験をしてきた人たちがライバルとなります。その人たちよりも自分を採用した用が企業にとってメリットがあると考えさせるためには自己中心的な視点ではなく、企業側の視点を持つことが重要です。

異業種への転職を成功させる人の多くがこの自己分析の完成度が高く、人事担当者の心をつかむのがうまいのです。

年齢別転職成功法

転職においても転職で非常に重要な要素は年齢です。
IT業界は年功序列が少なく能力主義的な面が他の業界より強いですが、それでも年齢に見合ったスキルを持ち合わせてなければ転職活動は厳しいものとなります。

まず、20歳代であれば異業種でも未経験で採用される可能性は大いにあります。
企業が育てがいのある人材だと判断すれば未経験でもよい人材を取りたいと考えるからです。しかも転職者なので一般的な社会常識が備わっており、新卒採用のように1から教え込む必要がありません。

しかし、30歳代に入ってしまうとそうもいきません。
30代は中間管理職的な年代に入りますので、年を食っているのに全くの業界新参者では企業でも採用しにくいのです。

そのため30歳からの異業種への転職はこれまで培ってきた技術やスキルを異業種の企業で活かせるかどうかということがポイントとなってきます。つまり転職先としては異業種であっても企業の情報システム部門や、保守管理部門、生産管理といった職場がターゲットとなってきます。

転職サイトやエージェントを有効活用

自己分析が終了したところで転職活動は本格的に始動します。転職活動にはIT業界に特化した求人サイト、エージェントをつかうのがお勧めです。

異業種への転職希望なのにIT業界のサイトを利用するのは意味がないと思うかもしれませんが、実はIT業界に特化した転職サイトには社内SEの求人が掲載されています。求人数も総合型の転職サイトに比べ豊富です。

総合サイトは様々な業種を掲載することで求職者の転職先の業種の幅を広げるサービスのため、求人企業も広く浅く掲載されています。

一方特化型転職サイトは業界を絞ることで中小企業やベンチャーから大手まで様々な企業掲載されています。そのため、大手で安定した職場で仕事をしたいのか、個々の個性が際立つ中小企業で働きたいのかなど、個人のビジョンにあった企業を抽出することができます。

例えば絞り込み機能で社内システム開発や運用のチェック項目がある求人サイトは社内SEを効率よく探し出すことができます。

IT特化型転職サイトのワークポートでは社内システム開発のチェック項目がありますし、IT転職ナビでは絞り込み機能では細かいチェック項目はありませんが、キーワードに社内SEと入れることで異業種のシステム部門などを抽出することができるようになっています。

また、転職エージェントでは非公開求人も抱えているので、企業側と求職者側でうまくマッチングすればライバルとしのぎを削ることなく転職することができるかもしれません。転職エージェントの良いところは自分で行った自己分析に対し、評価やアドバイスをしてくれることです。

他者の目から見ることで新たな自身の魅力に気づかされることもありますし、自分では最初から無理だと排除していた業界に適職があるかもしれません。転職先の幅を広げ、転職を成功させるためにも転職サイト、エージェントをともに活用するようにしましょう。

他業種からIT転職をするメリットとデメリット


IT関連業は基本的に実務経験者が優遇されます。
専門的な知識がある人のほうが即戦力になりますし、安心感があります。

しかし中には他業種からIT転職をする人もいます。
そこには理由があります。
他業種からであれば、IT業界に染まっていないので新しい風を取り入れることが出来ます。
業務のマンネリ化というのは、人によって生まれてきます。
同じことの繰り返しで斬新なアイディアが生まれてこなくなります。
だからこそ、他業種の人材を取り入れ、新しいアイディアを得る努力をします。

他業種からIT転職をする場合には、全く新しい世界ということもあり、新鮮に感じることができます。
企業によっては年収も大幅にアップすることがあります。
今まで経験をしたことがない世界だからこそ、やりがいを感じることができるかもしれませんし、もしかしたら自分の才能を開花させることが出来るかもしれません。
営業職からIT転職をする場合には、営業で得た人とのコミュニケーションの力を生かすことが出来るでしょう。
他業種だと思っていても、実はどこか共通をしている部分があるかもしれません。
全く新しい世界を経験することができる、というメリットはあります。

しかし専門的な知識がなければ出来ない仕事でもあるため、最初から指導をしたり、徹底的に研修を行わなければいけないということもあります。
即戦力にならないために教育にかかる時間も費用も考えると、採用をするのは難しいと考える企業もあります。
人件費がかかって、やっと戦力になると思ったら退職をしてしまうという可能性もあります。
ですから、他業種から採用をするのはリスクもあります。

これは企業側だけに当てはまることではなく、転職をする人にも当てはまります。
実際に仕事を覚えるまで、戦力になるまでに時間がかかってしまうので、そこでやる気を失ってしまう可能性もあります。
全く違う業界だと今までのキャリアが生かされないので、そこで嫌気がさしてしまうということもあります。
長く勤務をしてもらいたいからこそ、研修を行うのですが途中で嫌になって辞めてしまうこともあるでしょう。
そうなると時間が無駄になってしまいます。

転職をする企業によっては、年収アップも見込むことが出来ない場合もあり、一種の賭けのような感じになってしまうことがあります。
専門用語も多い業界なので、そこから勉強をしなければいけないという苦労もあるので、他業種からの場合には定着をすることが困難です。

異業種からの転職は、何歳までが限界?


転職を考えた時に、「自分の年齢で受け入れて貰えるのだろうか」と、不安を抱えてしまいます。
実際、転職に関する情報中には35歳を転職の上限年齢と考えているものも多いです。
なぜ、35歳を上限年齢としているのでしょうか。

20代前半での転職は、第2新卒として、企業に求められる傾向にあります。キャリアのある転職希望者に比べ、柔軟性はあり、若さゆえ、転職先企業になじみやすいからです。
また、スキル開発の余地も十分にあります。
尚且つ、社会人としての一般常識は備えられれいるので、新卒採用よりも、人材育成にかける時間が少なくて済むというメリットがあります。

20代後半での転職は、社会人としての勢いがある世代のため、企業としてはメリットがあると考えられます。しかし、新卒で入社した同世代とは差がついてしまうことは、避けられません。
その部分を不満に感じて退職してしまうのではという、転職先企業が抱える不安を取り除く自己アピールが出来れば、転職は可能です。

30代前半での転職は、今までのキャリアを重視されます。
そのため、今まで積んできたキャリアは、ポジティブな評価を受けやすいです。
しかし、異業種への転職となると、同業種への転職と違いその評価は難しくなります。
異業種であっても、今までのキャリアをどのように会社に役立てられるかアピールする必要があります。
また、キャリアを活かすことが難しい業界への転職ならば、今後の展望を踏まえ、転職先企業において、どのように活躍できると考えられるか、明確に説明できる必要があります。

30代後半以降の転職は、ハードルが上がります。
転職先企業は、今までの経験がを実務面では即戦力としてポジティブに捉えます。
しかし、その反面、その経験が柔軟性を欠く要因になるとも考えます。
企業風土に染まりにくい、新しいことへの挑戦に腰が重くなってしまうのでは、と、マイナスに捉えられる可能性があります。
さらに、異業種への転職になると、同じ経験が無い採用ならば柔軟性のある若手を選びたいと考えます。
35歳以降の転職ならば、同業種の方が望ましいです。

転職では、今までの経験を活かして、即戦力になる人材は、企業から求められます。
しかし、異業種への転職になると、経験を活かし、即戦力となる人材と判断されるのは、難しくなります。
また、年齢が上がれば、若手を採用したほうがメリットに繋がると判断されがちになります。
しかし、異業種でも業界によっては、今までの経験を活かし、即戦力となることができます。

自分の年齢、経験、実績を踏まえ、転職先に選ぶ業界を見極めていくことが重要です。

異業種に転職して失敗しないために


異業種から転職した人の中には、短期間で辞めてしまうケースがあります。また、辞めずとも、後悔をしている人もいます。

なぜ、異業種の転職で後悔や失敗をしているのでしょうか。

異業種の転職で後悔や退職をしてしまった人たちには共通点があります。
「こんなはずじゃなかった」、「思っていたのと違う」という、気持ちの部分です。
限られた時間の中での異業種への転職活動の中で、転職先の業界への理解、転職先企業の実情をうまく把握できていなかったことが原因です。
ありがちなのが、なんとなくその業界に憧れて、その中で雇用形態や待遇が自分にあってる企業をピックアップし、その企業の商品やサービス、業務について調べて転職活動をすることです。
もちろん、転職先企業を調べることは重要なことです。
しかし、それだけでは不十分なのです。

まず、しっかりと転職希望先企業について調べたら、次にその実情を把握してください。
中途採用を募集している企業のホームページの募集要項をよく見てください。
繁忙期について記載はありますか。
残業で遅くなる日の帰宅時間は想像できますか。
残業が何日続くことがあるか分かりますか。

実情というのは、働いてみないとなかなか分からないものです。

出来れば、実際に働いている方に話を聞き、実情を知りましょう。
転職希望先の企業に勤めている方には、本当のところは聞けないかも知れませんし、その後の転職活動に影響が出る可能性もありますので、同業種の別の企業の方や取引先企業の方に評判を聞いてみるといいでしょう。
今までのキャリアで繋がった人間関係をフル活用させましょう。
また、今ではネットで企業のクチコミ、評判等を知ることもできます。
活用すべきでしょう。

そして、転職先企業の実情を把握したら、転職先の業界を調べてください。
異業種からの転職では、業界のことは知らないことばかりです。
転職先の業界の現状として傾向を把握しておくことは重要です。
そして、業界全体がどのような流れで発展しているかも調べてください。

業界全体の流れによっては、入社した途端に企業の方向性が変わってしまうことも十分にありえるのです。
ただ漠然と異業種への転職を考えている人はここで立ち止まる必要があります。
それでもその業種で働きたいのか、どうしてその業種でなければいけないのか、何度も考えましょう。
胸を張って答えられなければ、転職で失敗や後悔をする確率が高いです。

業界の流れを把握し、企業の実情を知ることが転職での失敗や後悔を減らします。

異業種に転職するためのコツとは?


「違う仕事にチャレンジしたい」、「将来のことを考えてスキルアップしたい」、「勤務形態を変えたい」等、転職の際に異業種を考えることもあります。
しかし、ネットで転職について調べてみると、異業種への転職は難しいと言ったマイナス意見も多く見られます。現に転職経験者者の半数近くが異業種に転職しているとも言われています。
そのような、転職経験者の傾向から、異業種に転職するためのコツを考えてみましょう。

まず、転職活動の中で聞かれる転職理由について調べてみましょう。
転職希望理由として特に多いのは次の3点です。

1点目は、「職場の人とソリが合わない」、「人間関係がギクシャクしている」といった、人間関係に関する理由です。
この理由は、採用担当者に嫌われがちです。なぜなら、人間関係とは主観的なものであり、第三者である採用担当者には正当性が判断できないからです。
逆に、人間関係を理由にまた退職されるのではないかという不安を与えかねません。

2点目は、「収入が低い」という理由です。
この理由は、残業代が正当についていなかったり、休日出勤の手当が無かった場合を除いては、避けたほうがいい理由です。
なぜなら、転職においては、特別な資格やスキル、実績がない限り、年収が上がるということはありません。

3点目は、「業界や会社の将来性に不安がある」という理由です。将来の自分の仕事にも漠然とした不安を抱え、転職しようと考えるケースです。
このような理由では、採用担当者には伝わりません。何が不安で、転職によってどのようにその不安が解消されるのか、具体的に説明出来るようにしておきましょう。

転職成功者の転職理由で多かったのは、「現職ではやりたいことが出来ない」というものです。
やりたいことが具体的にあります。
そして現職ではそれが実現できず、転職先企業で実現できると考えています。
そして、ここで成功者の特徴があります。
現職でやりたいことを主張する前に、社会人としての責務を果たした上で、自分の主張をしています。
現職で掛け合う努力をした上で、転職を考えたという正当な手順を踏んでいます。
転職理由が明確で、社会人としての常識や責任感も理解された点が採用担当者に評価され、転職成功をしたと考えられます
採用担当者にポジティブに捉えてもらえるような、転職理由を説明できるようすることがコツです。。

採用する企業側が重視することは、即戦力になるかどうかです。異業種でも職種が同じならば、今までの経験を活かして働くことが可能です。
特に、事務・経理・人事等のバックオフィス系や営業職は、異業種においても基本的な仕事内容が変わらないので、即戦力となり転職しやすいようです。
自分の経験とスキルが異業種でも通用することをアピールし、即戦力と判断されることが重要だと言えます。
また、今の業種と転職先の業種の相違点を研究することも重要です。
近い業種ならば、転職先での即戦力につながりやすいことをさらに強くアピール材料になります。
また、遠い業種であっても、意外な相似点を説明することにより、幅広い視野をアピールすることができます。
相違点の中から、転職先企業にとってメリットがある人材であることを説明できるようになりましょう。

異業種への転職は、難しいのか?


多くの人は、「今の仕事は、自分には向いていないのではないか?」、「会社の将来性が不安だ」、「給与に不満がある」、「雇用形態を変えたい」等、様々な理由で、転職を考えます。
会社の将来性や給与の不満、雇用形態の変更などは、勤める企業を変えることで解決できるので、幅広い業種・職種の転職にチャレンジすることができ、同業種・同職種への転職も可能です。
しかし、「今の仕事は、自分に向いていないのではないか?」と、転職を決意したのであれば、異業種や異職種への転職を視野に入れなければなりません。
今までに経験したことのない、異業種・異職種への転職活動は不安に感じると思います。
ここでは、異業種への転職に絞って、その難しさを調べてみましょう。

異業種への転職が難しいと言われるのは、次の2点です。
1点目は、企業側の採用判断です。
中途採用をする企業側としては、即戦力を求めています。
そのため、今までの実績を採用の判断材料にします。しかし、異業種への転職の際、この判断をすることが難しくなります。業種によっては新卒者同様に、時間と経費をかけて人材を育成しなければならないこともあり、敬遠せれることもあります。
2点目は、転職者本人の問題です。同業種への転職に比べ、異業種への転職は、未経験のことが多くなります。加えて、仕事をしながら転職を活動を行う際に、転職先の業界への事情や傾向について学ぶ時間を割くことは難しく、不十分な理解のまま転職をしてしまう
ことも多いのが実情です。
結果、「こんなはずじゃなかった。」と、また、転職活動を始めることもあります。
そのような転職者を見てきた企業は、どうしても異業種への採用を敬遠してしまうのです。

しかし、最近では異業種の転職を積極的に受け入れている企業も増えてきました。
現在、スマホの普及やコンビニの業務拡大など、異なる業種・業態の企業間競争がおこっています。
異業種間競争では、危機感をもち、意識転換を図りリスクを恐れない発想や視点を持つ必要があります。
広い視野をもち、他業種への動向にも目を向け、顧客のニーズに応えていかなければ、戦っていけないのです。
そのため、社内に新しい風を入れ、他業種への視野を持つために、他業種からの転職を積極的に受け入れるようになっているのです。

異業種への転職は今までの実績をアピールできないなど、難しい点はあります。しかし、企業にとって新しい風を生み出すと判断される人材になれば、難易度は十分下がるでしょう。

異業種からIT転職をするメリットとは?


今までに経験をしたことがない異業種に飛び込むことは勇気がいるかもしれません。
しかしやりがいを感じることも出来るかもしれません。

全く違った分野で仕事をしたい場合には、どうしたらよいのでしょうか?
またどんなメリットがあるのでしょうか?
いきなり正社員での転職を目指すのではなく、まずは派遣会社に登録をして就業をする方法があります。
IT転職をする場合も需要がある世界だからこそ、就業しやすいということがあります。

IT企業側も異業種から採用をすると、全く新しいアイディアを生み出してくれるという可能性もありますし、マンネリ化をしていた中に新しい風を取り入れることが出来るというメリットがあります。
IT業界の中にも様々な仕事があり、プログラマだけではなく金融業界のシステムなどの仕事もあります。
その場合、元々金融機関の営業だった人を採用すると、金融に関する知識や経験が豊富なので、ITの仕事は未経験者であっても、何かと力にはなってくれます。

同じような業種ではなく、全く違った業種であっても視点が違うので新たな発見をすることができます。

IT業界は異業種からの転職成功者が少ないと言われています。
専門的な知識が必要となってくるので、違った分野からの転職というのは不利になることが考えられます。
新しい部門を立ち上げる時に転職をするタイミングが合えば、採用されることはあるかもしれません。
ITとは全く関係のない異業種であっても、今までの経験を役立てることが出来るかもしれないからです。

今はIT転職専門の転職エージェントもあるので、何かと力になってくれますし、相談にも対応をしてくれることがあるので、任せることが出来るようになっています。
派遣社員であってもIT業界専門の派遣会社があるので、登録をしてみるとよいでしょう。
キャリアに興味を持ってくれた企業からのオファーがあるかもしれません。

異業種からIT業界への転職をする、というのは、これからの社会により役立つ仕事をしたいと考えている人にはよいでしょう。
異業種に飛び込むことによって、経験を積むことができますし、異業種での経験が役立つこともあるかもしれません。
また常に新しい情報が出てくるので、勉強をしなければいけないという気持ちにもさせてくれるので、仕事に対する向上心を維持することが出来る業界でもあります。
IT業界の仕事の面白さが分かってくると、仕事そのものへの楽しみも感じることが出来るでしょう。

20代からのIT転職の際に行っておくとよいこと


転職をする場合にはできるだけ早い段階がよい、と言われています。
就職をして自分に合わないと切り替えることも大事です。
やってみたいと思う仕事がある場合には、チャレンジをすることも考えてみましょう。
そうすることによって、自分に合う仕事を見つけることができるかもしれませんし、天職に出会うことが出来るかもしれません。

20代でIT転職を考えている場合には、スキルが武器になるので出来るだけハイレベルな資格を取得することを考えておくとよいです。
他の人があまり取得をしていないようなハイレベルな資格であれば、それだけで魅力を感じることができます。

20代の場合、年収のことを気にする場合もあるでしょう。
IT関連業であれば、高収入を目指すことが出来ると考えている人もいますが、就業をする企業によっても収入には差が出てくるので、十分に注意をしなければいけません。

また外資系の企業であれば、国内資本の企業とは仕事の進め方が異なっていることもあります。
語学力も求められることがあるので、外資系のIT企業への転職を考えているのであれば、語学力を身に付けることも大事です。

IT業界未経験からIT業界への転職をする場合には、情報収集も行っていくとよいことの1つです。
IT関連の分野というのは流れが早いです。
ですから新しい情報が次々に出てきます。
その情報を的確にチェックすることも大事ですし、活かすことも必要です。

20代でIT転職を考えている人が行っておくとよいことの中に、実際に20代で転職をした人の経験談を読む、ということがあります。
今は自分の経験をブログに公開している人も多いです。
ブログを読んで、経験者の失敗や成功について分析をしてみましょう。
コラムとは違い、よりリアルな話を読むことが出来るので参考になることも多いです。

転職をしようかどうしような悩んでいるうちに年齢を重ねてしまうということがないように、思い立ったら出来ることを早めに開始していく、ということが大事です。
そうすることによっていざ希望をする転職先が見つかった場合に、すぐに行動に移すことができます。
エントリーもすぐに行うことができますし、資格取得までに時間が必要となる、ということもなくなってくるので、スムーズに進めることができます。

転職を繰り返していると、企業側にはイメージが悪くなってしまうのではないか、と考える人もいますが、特にIT業界は転職回数を重要視しないので気にすることはありません。

30代からのIT転職を行うってどういうこと?


一般的に転職をするには年齢に上限があると言われています。
ある程度の年齢になってしまっていると、その先同じ企業で就業をするにしても、勤務年数が短くなってしまいますし、頭も柔軟ではないと思われてしまいがちです。
IT業界であれば、新しい知識や情報がたくさん出てくるので、その新しいものをどんどん取り入れるのは若い人のほうが優れている、と言われています。
ですから、IT転職も20代で行うのがベストだと言われています。

しかし30代でもIT転職を行うことができます。
年齢も35,6歳までとしている企業は多いですが、経験者であれば、30代でも転職をすることは可能です。
今までのキャリアを生かして、また知識や技術をフル活用をすることが出来るように、転職をすることができます。

30代のIT転職というのは、技術スキルが求められます。
中には30代以上の人を積極的に採用しているIT関連企業もあります。
他業種であれば、業界に染まっていないということもあり、自社のやり方を受け入れやすいというメリットがあるからです。

30代になると、企業側も採用をするとリスクが高いと言われていますが、IT転職でハイレベルな資格を取得している人であれば、それだけでも価値があるので採用をしたいと思う場合が多いです。

もしも定年退職まで就業を考えているとしても、20,30年程度です。
未経験者からIT転職を考えている場合、常に受け身ではなく、積極的に勉強をしたり、知識を吸収しようという姿勢を見せることも大事です。
そうすることによって、周りもやる気を感じ取ってくれるでしょう。

30代になると、役職者になっている人も多いです。
未経験から転職をするとその役職もないので、人件費は抑えることができます。
これは企業にとってはメリットとなります。

30代だからと言って転職を最初から諦めるのではなく、積極的に採用をしている企業もあるので、チャレンジをすることが大事です。
またどういう希望を持ってIT業界に飛び込んでくるのか、ということも説明できるようにしなければいけません。
30代になって転職をするメリット、企業側も採用をするメリットはあります。
ですからIT業界に興味があって勉強をする意欲がある場合には、ハイレベルな資格取得を目指すなど、今の自分に出来ることをしっかりと行って、専門の転職エージェントに相談をするなど自分から動くことが大事です。
学校で勉強をする方法も取り入れてみるとよいでしょう。

年収アップを考えてIT転職をしてみよう


転職をする理由の1つに年収アップを希望して、ということがあります。
今は税率も上がっていたりするので、生活が苦しいという人は多いです。
生活にゆとりを持たせるためにも転職を考えるのはよい方法かもしれません。

IT転職を行うことで年収の大幅アップを期待することができる、と考える人は多いようですが、転職先の企業によっても年収は大きく異なります。
IT業界は人気があり、人手不足というイメージがありました。
しかし最近ではIT業界も飽和状態であり、人気があって人手不足だからこそ、転職もしやすいだろうと考える人もいますが、実際には誰もが持っているようなIT関連の資格を取得しているだけでは採用が厳しいです。

他の人があまり持っていないようなハイレベルな資格を取得していれば、転職には有利になるでしょう。
しかしそうではないと年収もアップする可能性は低いですし、転職そのものも厳しくなります。

外資系のIT企業の場合であれば、古いタイプの日本の企業の考え方にある、年功序列制度がありません。
ほぼ実力、能力主義です。
実力があれば、年収もアップすることが多いです。
しかし外資系の場合には語学力が求められたり、他の人よりも秀でたIT関連の知識がなければ採用されることは難しいので、自分に採用されるだけの価値があるのかどうかを自己判断しなければいけません。

ただ漠然とIT転職をしたい、それで年収アップを狙いたいというだけでは難しいでしょう。

またIT転職と言っても様々な分野があります。
エンジニアの場合には希望者が多いということもあり、最初は収入も低い企業が多いです。
金融関係のIT関連の仕事の転職をすることがもっとも年収アップを期待することができるようです。
金融関係のIT技術部門の求人は頻繁に行われているわけではないので、狭き門です。
だからこそ、年収アップを期待することが出来るのです。

IT関連の仕事であれば、必ずしも年収がアップするわけではありません。
就業をする企業の規模や業務の内容によっても大きく異なります。
ですから転職を考える前に希望をする企業のことをしっかりと調べることが大事です。
転職サイトの中には、年収に関する情報を公開しているところもあるので、利用をしてみるとよいでしょう。

比較検討をすることが出来るようになっているので分かりやすいですし、転職によって年収がダウンした、ということがないように転職活動を進めることもできるでしょう。

SEから異業種に転職する際に、おすすめの業種は?


SEからの転職を考える理由は何でしょうか。
連日の深夜残業が辛い」、「常駐先との社員とうまくいかない」等、勤務形態や職場環境に心身共に疲れてしまい、SEとは全く関係のない異業種への転職を考える人が多いようです。
しかし、全くの異業種への転職では今までの実績を判断してもらうことができません。
SEでの経験を活かさずに異業種への転職を考えている方は、今一度考えてみて下さい。
せっかく苦労して手に入れたスキルや経験を活かさなくてもよいですか?

そこで、SEとしての経験や実績を活かしながら、異業種に転職することをおすすめします。
具体的には、SEの経験を活かせる異職種として異業種に転職することです。

おすすめの業種は次の4つです。

1つ目は、社内SEとして異業種に転職することです。
社内SEはIT業界特有の客先常駐や委託開発などの下請け構造がなく、残業時間が少ない会社も多いためIT業界に疲れた人から人気が高い職種です。
会社の業務として行っている場合や、社内管理やシステムの利便化のために取り入れている会社も多くあります。
多くの業種で社内SEの需要はあるため、IT業界から離れながら、自分自身の経験を活かすことができます。

2つ目は、データアナリストとして異業種に転職することです。
データアナリストとは、データ分析をする事でクライアント(お客さん)の会社の経営課題の改善を提案する仕事です。
製薬会社・食品会社・小売業等、多岐に渡る業界で必要とされています。
データ収集のインフラを整える仕事において、IT技術者の力が大いに発揮されます。

3つ目は、マーケティング・リサーチ会社に転職することです。
マーケティング・リサーチとは商品の開発・販売促進を目的として、市場の実態・動向を調査分析を行う仕事です。
マーケティング・リサーチを行うためにもIT技術は欠かせないため、SEでのスキルや経験が活かせます。

4つ目は、ベンダーコントロールです。
様々な企業の社内システム部などに配属されています。
ベンダーコントロールとは、システムを開発する側でなくシステムを発注する側に回る事です。
仕事を受注したり、客先常駐で出向して現場でシステムを作るという仕事が多いSIerやSEのようなシステム屋を取りまとめる仕事です。
SEとして仕事を発注された経験は、発注する側の人材として歓迎されます。
開発の仕事から遠のくことができますので、SEで開発をすることに疲れた人におすすめです。

このようにSEの転職もさまざまな方向性がありますので、ご自身でキャリアプランをじっくり検討することが大切です。